コンセプト

スペインの文化を日本に

プエルトはストックヤード代表取締役社長である平子敬三が、35歳の時にフラメンコショー(タブラオ)を観ながら食事ができるお店に行ったことがきっかけでした。

当時、まだ日本にはスペインバルが数少ない状態で「何故、このようなお店が日本にはないのだろうか」と思い、そこからスペイン文化に対する興味が一気に加速していきました。

日本でスペインの家庭料理を広めていく為に、スペインに渡り本場のバルを研究してきました。

プエルトはスペインの雰囲気をそのままに感じられるお店作りをコンセプトにしています。
スペイン料理といっても地域によって様々で、スペイン各地域の「本場の料理」は、やはり格別です。その味を皆様に味わっていただけるお店にすることがプエルトのテーマになっています。