旦那のアレが大きいから入らない(泣)スルッと入れるにはまずは試して!

「旦那といい雰囲気になって前戯したのに、入れようとしたら大きすぎて痛くて最後まで出来ない」

「入らないのは旦那のアレが大きいからなの?いつも未遂に終わってしまうから虚しい...」

「子作りだってそろそろ真剣に考えたいのに、入らないなんてどうしたらいいの!」

せっかくいい雰囲気になってセックスできると思ったら、挿入できないなんて虚しいですし、痛みも伴うともうやめて!と雰囲気も崩れてしまいますよね。

また、気軽に相談できるような悩みではないので、どうしたらいいのか不安な気持ちも分かります。

そこで、本記事では旦那のアレが大きいから入らない!という理由と、どうやったら入るようになるのかについてお伝えしていきます。

この記事を読むことで、挿入できない本当の原因を知り、今後旦那さんとセックスができるようになるはずです。

旦那のアレが大きくて入らない方は、ぜひここで伝える方法を試してハッピーな夫婦生活を手に入れちゃってくださいね!

旦那のアレが大きいから入らない?他の理由も実はあります

「旦那のアレが大きいから入らない!」という理由以外に、考えられる原因について詳しく解説していきます。

自分にあてはまっていないか、思い返しながら読んでみてくださいね。

女性側の濡れが少ない

女性のアソコの濡れが少ないと、滑りがわるくなり摩擦がおきてしまい、旦那のアレが入りにくくなっているという理由も考えられます。

濡れが少ないことは痛みの原因にもなりますし、女性によっては濡れにくい体質の方もいらっしゃると思います。

その場合は、ローションなどを活用して、十分ヌルヌル状態になってからセックスへ挑んでみてください。

焦って濡れる前に挿入すると、叫びたくなるほど痛むので気を付けてくださいね。

緊張状態で膣が締まっている

女性が緊張状態になると膣も締まってしまうことで、入らなくなっている可能性も。

そのため、まずはキスやハグなどで、しっかりと心身共にリラックスすることが大事になってきます。

「また入らなかったらどうしよう...」というような不安から緊張してしまうこともあると思います。

ですが、その際は目の前の不安なことを考えずに、今旦那とキスしている。旦那さんが気持ちよさそうにしていると。目の前のことだけを考えるようにしてください。

できるだけ不安なことは考えないで、リラックスしたセックスで、夫との行為を楽しめる状態を目指してくださいね。

初体験なため

初体験の場合は、膣がまだ充分にほぐれていないので入らないという事も考えられます。

また初体験が要因で緊張から体がこわばってしまったり、なかなか濡れにくかったりということも起こってきます。

この場合の挿入は、焦らずにゆっくり時間をかけて、体をほぐしていくと良いです。

また記事後半で紹介する方法で、慣らしていく方法もあるのでぜひ読んでみてください。

セックスへの恐怖がある

過去にセックスで痛い思いをしたり、嫌な思いをしたというトラウマがあると体がこわばってしまい挿入できなくなっている可能性もあります。

この場合は、パートナーの理解を得ることもひとつの手です。

自分のトラウマをはっきりと伝え、時間をかけて体を慣らしていくことが少しずつ出来るのが理想です。

ただしトラウマがひどい場合は、カウンセリング等で専門家に相談することも必要かもしれません。

角度や体位によって入りにくくなっている

男性のアレであっても女性の膣であっても、それぞれ形に個人差があります。

挿入時の角度や体位によっては、入らないことも考えられます。

そのため、いろんな角度を試しながら、あなたと旦那さんがぴったり合う最適な角度と体位をみつけることも重要です。

ここは個人差もあるので、夫婦でお互いに見つけていきましょう。

旦那のアレが大きいから入らない時に試すべき方法

ここからは旦那のアレが大きいから入らない時に、試すべき方法をお伝えしていきます。

まずは難易度の低いものから気軽に試していってみてくださいね。

ローションを試してみる

ローションは摩擦を減らし、滑りを良くしてくれるので、旦那さんのアレが大きくても挿入しやすくなります。

また摩擦の痛みも軽減できるのでオススメ。

他にも、1人で入れる練習をする時に、傷つくのを防いでくれるので、持っていて損はないですね。

お店で買うのが恥ずかしくても今は通販などで簡単に手に入るので、ぜひ試してみてください。

1人で練習をしてみる

自分の膣を挿入に慣らす為に、1人で練習してみるのも一つの手です。

「旦那に練習したいと言うのは恥ずかしい...」と思う方でも1人なら気軽にできるはずです。

まずはローションなどで濡らして傷つかないようにしてから、指を最初は一本入れてみる。

慣れたら徐々に増やしてみて、膣をほぐしてならしていきましょう。

特にまだ初体験がない場合は、指でも痛みを感じるかもしれません。

ただ徐々に少しずつ慣らしていくことで、痛みが徐々に気持ちよさに変わってくると思うので、まずは少しだけ試してみてください。

おもちゃを使ってみる

おもちゃを使うことで疑似的な挿入の練習になります。

「いきなり、おもちゃなんてなんだか恥ずかしいし...」と思う気持ちもあると思います。

そのため、最初は上記でもお伝えしたように自分の指で慣らしてみてから、次の段階としておもちゃを試すことをオススメします。

自分の指だけでは実際の挿入と違う部分もあるので、より挿入時と近い状態を練習する為には最適な方法です。

おもちゃに関しても、わざわざショップに行かずともネットでも買えるので、どんどん活用しましょう。

旦那さんの指で試してみる

もし出来るなら旦那さんにも協力してもらいましょう。

キスや愛撫でしっかりアソコを濡らしてから、旦那さんの指で少しずつ慣れしていってください。

ただ、この時、焦って無理に挿入しないようにしてくださいね。

「してもらってるだけで、旦那に悪い気がする...」こう思うかもしれませんが、あなたも手や口でしてあげると旦那さんはきっと喜ぶはずですよ。

挿入のための練習なので、この時に挿れることを意識してしまうと、また旦那さん側にも嫌な思いをさせてしまうので、気をつけてください。

旦那さんとであれば、2人でイチャイチャしながら練習できるので、より愛も高まるはずです。

落ち着く場所でリラックスする香りを使う

落ち着く場所やリラックスする香りで、最大限にリラックスできる空間を目指しましょう。

リラックスすることにより、心身の緊張をほぐし、膣の締まりを防いでくれます。

またリラックスできる空間を作ることで、旦那さん側も「今日は大丈夫なのかな?」と不安になることも防げます。

セックスはお互いに気持ち良く楽しめなきゃですからね。

自分に合った最適にリラックスできる場所、リラックスする香りをみつけてみてくださいね。

腰の下に枕をおく

角度によって挿入できないことを防ぐため、腰の下に枕を置くという方法もあります。

お互いの最適な角度を探すために、一度試してみるのもいいでしょう。

いつもなかなか入らないのに角度を変えるたったそれだけの事で、すんなり入る事もありますからね。

他にも、最初から後ろ向きでしてみたら、入ったなんてこともあるので、入らない場合には正常位にこだわらず、いろんな対位から始めてみるのも1つの方法です。

病院を受診する

病院で性行為が出来ないと相談してみることも考えてください。

もしかすると、膣の形に問題があるのか、他に原因が潜んでいる可能性もわかるかもしれません。

「病院に行くなんて恥ずかしい...」と思うでしょうが、女医さんのいる産婦人科も近頃はたくさんありますので、受診を一度検討してみましょう。

異常がなければ安心してセックスに取り組めますし、旦那さん側にも心配をかけないで済みます。

一点、気を付けるべきことは旦那の大きさが要因ではない痛みがあるなら、婦人科系の病気の可能性もありえます。

その場合は迷わずに早期に受診してくださいね。

簡単な膣トレをやってみる

膣トレグッズをつかって、膣を慣らしてみる方法もあります。

膣を動かしてないため、旦那さんのアレが大きすぎて膣の伸縮が限界の場合もあります。

そのため、まずは膣を柔らかくしたり、膣圧を変えたりするために膣トレは特にオススメです。

最近では膣トレの器具もさまざまな形や大きさのものがあります。

あくまでトレーニングですので、おもちゃを使うことに抵抗がある人にもオススメです。

また膣に入れるものなので、ちゃんとしたメーカーが出しているものを使って欲しいです。

私のオススメとしては、ラブコスメの出している膣トレグッズです。

会員120万人以上が登録するラブグッズ専門の会社であり、膣トレも医療用器具に使用される素材を使っています。

さらにさらに膣圧は腹部のトレーニングにもなるので、シェイプアップ効果も期待できるので、一石二鳥です。

デリケートゾーンのエクササイズ!膣トレに『LCインナーボール』【LCラブコスメ】

ぜひ膣トレも試してみてくださいね。

まとめ

今まで旦那のアレが大きいから入らないんだと思ってた人も、この記事を読んで他の理由が当てはまっていないか一度確認してみてくださいね。

ローションは濡れが少ない時でも効果的ですが、旦那のアレが入りづらい時でも「スルッ」と入ったりすることがあるので結構必需品です。

他にもリラックス出来る空間をつくって、少しずつ練習して膣を慣らしていき、2人の最適な角度をみつけていきましょう。

無理をすると痛みが生じたり、傷ついたりする原因になるので焦りは禁物です。

ゆっくり時間をかけて挿入していない時間も楽しみましょう!

楽しみながらやることで、練習してならしていく事も苦じゃなくなりますので。

こうして楽しむ気持ちをもって、素敵な夜の夫婦生活を営んでいってくださいね!

おすすめの記事