LINEが途切れたら脈なし?再開させるには私から送るべき?

「彼とLINEをしてたら、ちょうど話が終わって途切れちゃった。彼から送ってこないけど、これはもう脈なし?」

男性とLINEをしていて、会話終わりにスタンプだけで終わってしまうこともありますよね。

そんな時は彼から送ってこない場合は、ずっと待つのか?もしくは私から送った方がいいのか悩みますよね。

また、彼からLINEを終わらせたのであれば、「脈なしなのかな?」、「もう私とLINEを続けたくないのかな?」など色々と考えてしまいますよね。

そこで、この記事では、LINEが途切れたらもう脈なしなのか?彼とのLINEをどう再開するのか。という部分について話していきます。

彼とのLINEが途切れてしまったら、ぜひこの記事を参考にしてください。

LINEが途切れた時の男性心理

まず最初に、LINEが途切れた時の男性心理から見ていきます。

何とも思ってない男性もいれば、相手の男性もLINEが途切れて不安になってる可能性もあります。

そのため、男性側が何を考えているかを知ることで、今後あなたから送るのか。返信を待つのかの判断材料にしてください。

好意がある場合は、どう再開しようか男性も考えている

男性側が、あなたに好意がある場合は、LINEが途切れた際も、悩み考えていることがあります。

「再開したいけど、俺から送るべきか。もしくは〇〇ちゃんから送ってくれるのかな?」と、あなたと同じように悩んでる状態ですね。

この場合は、少し待てば男性から送ってくれることが多いです。

悩みに悩んだ末、「そういえばさ〜」と話を振ってくれたりですね。

また、彼から何度も再開してくることが多い場合は、脈アリの可能性が高いです。

仕事が忙しくて再開させることもできない

仕事が忙しすぎて、LINEを送ることができない男性もいます。

連絡が来て、仕事の合間でサッと返すことならできますが、LINEを再開させるとなると、どんな話題を送るべきかを考える必要があります。

ですが、仕事が忙しく、家に帰りお風呂に入って寝るだけの状態であれば、再開する内容を考える時間も気力もない状態になってるかも知れません。

ただ、この場合は土日や祝日などに、LINEが再開される可能性が高いです。

仕事が休みの日に、「そういえば!」と思い出して、LINEを再開してメッセージを送ったりですね。

また彼の仕事が忙しいかどうかは、先に知っておくことで、不安な気持ちにもなりにくいので、先に聞いておきましょう。

LINEが盛り上がっていたら途切れても脈アリかも

もしLINEが途切れたとしても、その前のLINEが盛り上がっていたら、脈アリの可能性が高いです。

盛り上がったLINEでダラダラ続けて盛り下がるよりも、楽しい気持ちのまま終わりにしたかったという男性心理も考えられます。

なので、盛り上がっていたのに途切れた。。。とネガティブにならなくて大丈夫です。

男性も「LINEのやりとりが楽しかったな」と、送ってない期間にもあなたのことを思っている可能性もありますからね。

もちろんそんな二人のLINEを再開させる方法は、記事後半で話していきます。

LINEが途切れた時は脈なしなのか?

では、具体的にLINEが途切れた時は、脈なしなのか。という話をしていきます。

急に途切れてしまうと、「やはり私とのLINEを終わりにしたかったのかな?」と不安な気持ちになりますよね。

そのため、私の経験や友達の体験を元にして、これからLINEが途切れた際に脈なしなのかどうかについてお伝えしていきます。

LINEが盛り上がってなかった場合は脈なし

先ほど話したLINEが盛り上がっていた場合の逆になります。

LINEで話題もほぼなく単調なやりとりで、途切れた場合は脈なしの可能性が高いです。

そもそもLINEをしている時も、いつ終わらそうかと男性が思ってる可能性だってあります。

あなたのことが好きではなくて、ただ関係性があるから続けていたので、単調なやりとりになってしまって、話の終わりに途切らせた状態ですね。

そのため、見るべきはLINEでお互いに盛り上がっていたかどうかを、脈なしの判断にしてください。

LINEが単純に好きじゃない男性もいる

そもそも、LINEのやりとり自体が好きじゃない男性も世の中にはいます。

オンラインでのやりとりが苦手で、LINEは連絡ツールとしか思ってない場合は、いろんな話題をLINEで投げかけられても、返信に困ってしまうんですよね。

ですが、この男性の場合は会った時や電話した時は、しっかり話してくれたり楽しそうにしてくれる場合もあります。

この場合は、単純にLINEが苦手な男性ということですね。

LINEが途切れる以外にも、会った時に楽しそうにしたり、電話ではいつも盛り上がるなどの特徴があれば、脈アリの可能性も高いです。

LINEの返信タイミングは男性によってさまざま

LINEが途切れたと思っていても、男性からしたら返信する途中だと思ってる可能性もあります。

返事スピードの意識の差でもありますが、男性としては3日に1回でも送ったらやりとりが続いていると思ってる場合もあります。

そのため、あなたが「返信が途切れた!」と思って、どうしようか悩んでる時にも、ふとLINEが再開されてるなんてこともあるかも知れません。

この場合は、単純に男性が考える返信スピードと、女性が思ってる場合が違うことによる、すれ違いですね。

以下の記事でも話していますが、LINEが遅いけど続く男性も似たような考えの場合が多いです。

参考:LINEの返信が遅いけど続く男性心理は?脈ありな場合はどう見抜くの??

再度送ったけど、返事が返ってこない場合は脈なしかも

いくら仕事が忙しい男性も、女性から再度連絡がくれば、早く返さなきゃと思って返事をくれるものです。

ですが、もし再開させるためにあなたがLINEを再度送っても、返事がこない場合は脈なしの可能性が高いです。

特に職場や共通の友人がいないケースでは、男性側も無視したりブロックする場合が多くなります。

別にその後、男性の周りで問題になることがないですからね。

そのため、再度連絡をしても、返事がこない場合は関係を諦めた方がいいかも知れません。

LINEが途切れた時に、男性とのLINEを再開させるには?

では、最後にLINEが途切れた時に、彼とLINEを再開させるためにはどうすればいいかを話していきます。

結論から言えば、あなたから行動することが必要になります。

ずっと待ちの姿勢を続けていても、男性からアクションを待っていたら恋も冷めてしまいます。

なので、ここから話す内容もぜひ実践してみてください。

何か話題を見つけて送ってみる

LINEを再開させる際も、何を送ったら彼から返信が来るかを考えてみることです。

そうすると、「元気?」や「明日仕事?」などの連絡よりも、何か1つ盛り上がれる話題があったほうが、返事が返ってきやすくなります。

職場の道に新しいカフェができていたら、その内容を送ったり。

休日にどこかに出かけたら、その写真を送ってみたりと。

日常の中で見つけた話題を送ってみると、彼からも返事がきやすくなります。

また、合わせて写真などを送ってみるのがオススメです。

文章よりも画像の方が、彼も反応しやすくなりますからね。

電話などで直接話してみるのも1つ

もし彼との連絡が途切れた場合は、直接電話などをしてみるのも1つの方法です。

LINEでのやりとりよりも、電話の方がお互いに声色から気持ちが伝わりやすくなります。

また、LINEでは出てこない話題も、話しながらの方がぽんぽんと出やすくもなったりしますからね。

一番はお互いに会ってしまうことですが、もしそれが難しいならば、電話をしてみましょう。

また彼が長電話に付き合ってくれる場合などは、脈アリの可能性が高いので、試しに長電話をしてみることも1つの方法です。

参考:長電話に付き合ってくれる男性心理は?通話中に脈ありサインが隠れてるかも!

脈なしから脈ありにさせるためには!

もし彼が脈なしで、これからどうしても振り向かせたいと思うのであれば、電話占いも活用してみてください。

男性の生年月日や特徴から、あなたとの将来を占ってくれますし、これからどんなアピールをすればいいかも、占い師さんによっては全て教えてくれます。

私も過去に好きだった彼との相性を占ってもらって、二人のパワースポットである横浜に行ったら無事告白された経験もあります。

もし彼から追わせたい、彼と付き合いたいと思っているならば、ぜひ電話占いも試してみてください。

ちなみに私のオススメは、ココナラの電話占いです。

有名占い師さんも多く在籍していますし、何より今登録した方限定で、3,000円分のクーポンも貰えちゃうんです。

テレビでCMも流れるくらいに有名なサービスなので、ぜひ一度試してみてください。

電話占い【ココナラ】新規会員登録で3,000円無料クーポンプレゼント中

まとめ

LINEが途切れた時に彼は脈なしなのか、逆にどうやって再開させるかなどの話をしてきました。

文章だけのやりとりになるので、相手の表情や感情も分からないので、LINEは本当に悩みますよね。

でも、多くの男性の場合は全く好意がない女性とは、LINEも続けないですし、やりとりもほぼしません。

なので、少しでもLINEでやりとりが続いてる時点で、小さいかも知れませんが好意はあると思います。

あとはあなたからの、アプローチも必要になってくるので、記事後半で話した電話や直接会ったりもしてみてください。

その方が、やはりあなたの魅力がたくさん伝わりますからね。

では、ここまで読んでくれてありがとうございました。

おすすめの記事