夫とレスでストレスの限界!旦那から求められないなら他で探すしかない?

夫婦間でセックスレスに陥ると、同じ空間にいるだけでストレスに感じてしまいますよね。

私も、夫とセックスレスからストレスを抱え込み、一時は離婚まで考えたほどでした。

「今、異性に誘われたら、フラッとその誘いに乗ってしまうかも…。」でも、子どもたちの顔がふと浮かぶと、そんなことを考えている自分が情けないと思うこともありました。

夫が誘ってくれないことで、「女として見られていないんじゃないか?」と不安になることもあり、またそんなとき、夜中にお酒を飲んで帰ってくる夫の姿を見て、自分だけ外でストレスを発散している姿に腹が立つこともありました。

ですが、今では私も夫とレスはしっかり解消して、元の幸せな新婚状態に戻ったので、その秘訣をお伝えしていきます。

セックスレスでストレスが溜まっている方はぜひ読んでみてください。

レスのストレス原因

セックスレスがストレスになっている原因をまず最初に理解しましょう。

原因をきちんと理解していなければ、気持ちの整理ができません。

まずは、セックスレスによってあなたがストレスに感じている原因を探っていきます。

夫が一切誘ってくれないことがストレス

夫が誘ってくれないからといって、いつも受け身でいませんか?

「セックスは男性から誘うもの」という考えで接していると、ストレスが溜まる一方です。

旦那さんが誘ってくれない原因については、

・過去にセックスに誘ったら拒否されたことで傷ついている
・セックスしなくても性欲処理ができている
・仕事のストレスが溜まり、セックスまで気力がない
・妻を「女」としてではなく、「母親」や「家族」として見ている
・性欲が減少している、もしくはない

といったことが考えられます。

夫に誘われないと嘆くより、夫が誘ってこない理由を考えてみると、じゃあどうしたらいいのかまで分かりますよね。もちろん具体的な方法についても記事後半で話していきます。

そのためにも、まずは夫の気持ちを少しずつ理解していくことで、ストレスを減らしましょう。

誘ってくれるのを期待している

先ほどの「夫が一切誘ってくれない」に引き続き、「誘ってくれるのを期待している」ケースも割と多い傾向があります。

こちらは、夫に期待している分、誘ってこないことに対して「なんで?」と思ってしまい、それらが「怒り」と「落ち込み」に変わってしまいます。

この負の感情が連鎖してしまうと、ストレスになってしまうわけです。

そのためまずは、夫に「期待」するのをやめましょう。

厳しい言い方に聞こえてしまうかもしれませんが、期待してしまったときの落胆も大きくなるため、自分を守る気持ちから期待はしないのです。

次に誘われない理由を考え、改善していきます。

ここでのポイントは、「アピールをしない」ことです。

夫の立場になって考えると、誘わない理由がある上に、わけのわからないアピールをされても「?」となってしまいますよね。

改善したことを、つい夫に伝えたくなりますが、さりげない対応や行動が男心を惹きつけるのです。

夫が自分だけ外で発散している

夫婦間でセックスレスの大きな原因になっている一つに、「夫だけが、外でストレスを発散している」ことです。

まだまだ子どもが幼い場合、女性は外出もできず、育児に疲れ、夫ともセックスレスから孤独に感じてしまうことがありますよね。

そんなとき、帰りの遅い夫に対して不満に感じてしまうのは当然のこと。

そんな夫を無視したり当たってしまうことで、関係がこじれ、すれ違いが起こりやすい状況に。

しかし、そんなときこそ夫と話し合うことが大切です。

あなたの気持ちを伝え、また夫の気持ちを聞くことが、2人にとっては必要です。

「でもどうやって、話し合いを持ちかけるべき?」こんなふうに思ってしまいますよね?

その方法は、次の章で詳しく紹介していますので、参考に取り入れていきましょう。

レスがストレスになってるならちゃんと話し合いをする

セックスレスが原因でストレスになっているなら、まずは夫と向き合い、話し合うことがポイントになります。

ここをすっ飛ばして、解決方法に挑んでも、同じことを繰り返してしまう可能性が高まります。

まずは、夫と話し合いの場を設け、改善していくことが大切です。

思い込みをなくす

まずは、多くの女性が陥りがちですが、「思い込み」が邪魔をしていることがあります。

また、その思い込みに気づかず過ごしているケースも。

当時の私もネガティブな思い込みから、夫と仲良くなれるチャンスを自分で潰してしまっていたんですね。

「夫は、いつも疲れているから、セックスに誘っても拒否されるのがわかっているから。」なんて、夫が疲れているかどうかもわからないのに、決めつけていましたからね。

また、夫は私を「女」ではなく「母親」として見ているから、性的魅力を感じないと思っていましたが、改善することはありませんでした。

正直、育児に疲れ切ってしまい、家事を行うのも精一杯の状況で、女らしさまで気が回らない状況でした。

今思えば、家事を手伝ってくれていた夫には申し訳なかったと思っています。

挙げ句の果てに、

・夫といくら話しても解決しないと思っていた
・女性からセックスについて話し合うなんて、恥ずかしい

なんて、思っていましたからね。

でも当時は、その思い込みが、セックスレスの原因になっているとは思いもよりませんでした。

まずは、「夫は〇〇と考えている!」と言った思い込みはやめて、落ち着いて相手の意見を聞き入れる準備を行いましょう。

夫の気持ち・本音を知る

夫の本音を聞いたことはありますか?

これまで、きちんと向き合ってこなかった夫婦にとって、お互いの本音を聞くことが「怖い」と思うかもしれません。

また一方的に、あなたから意見をぶつけているだけでは、夫も心を閉ざしてしまい本音を言うことすらできない状況に。

このようなすれ違いを早めに解消しなければ、溝が深まり、セックスレスにも繋がります。

ある程度初期段階で、「思い込みをなくす」ことと「夫の気持ちを知る」ことですれ違いを解消できることも多いのです。

まずは、できるだけ先入観を持たずに、夫の話に耳を傾けていきましょう。

また、聞くときの態度も重要です。

きちんと話を聞いているよう、

・相槌を打つ
・時折質問する
・「なるほど」などと共感した言葉を入れる

これらを取り入れるだけで、あなたの話の聞き方は、夫にとって心地いいものになってきます。

感情的にならない

男性が最も苦手とする女性は、すぐに感情的になる女性です。

男性の多くは、奥さんとの衝突を避けたいと思っています。

仕事から疲れ切って帰ってきて、家では奥さんに色々と言われれば、居場所がありません。

また、奥さんの怒りを買わないように顔色を伺いながら、話を合わせている可能性もあります。

夫も何とかうまくやっていこうと、工夫をしているのかもしれません。

そんな夫の気持ちを理解し、話し合いを重ねていきましょう。

夫と話し合うときは、必ず冷静に話を聞き、冷静にあなたの気持ちを伝えることが大切です。

感情的になりそうなら、気持ちを落ち着かせ、またタイミングを見て話せる機会を見つけていきましょう。

夫婦間で溝が深いほど根気のいる作業になりますが、諦めずにお互いがストレスなく過ごしていけるよう根気よく努めていくことがポイントです。

ストレスが限界だけど夫とレスを解消するには!?

夫とのセックスレスでストレスがMAXになっているかもしれません。

とはいえ、夫ときちんと向き合い、セックスレスは解消したいですよね。

まずは、試すことのできる方法から取り入れていきましょう。

夫に優しくする

夫に冷たく当たってしまうのは、心に余裕がなかったから。

夫が仕事の付き合いで帰りに飲んできても、「1人だけストレスを発散して、ズルい!」なんて考えてしまうのでしょう。

夫からしてみると「仕事の付き合いだしな…気を使わないといけないから、本当は家でゆっくりしたいけど。行っておかなきゃ先輩の顔が立たないし。」なんて考えているのかも?

夫は、愛する家族のために仕事で嫌なことがあっても我慢しなければなりません。

また、仕事で疲れて帰ってきても、家でも妻に気を遣っているようでは、癒される場所がありませんよね。

これらのことも踏まえ、夫に優しくできる余裕も大切です。

夫にとって家が癒される場所になれば、きっと「早く帰りたい!」なんて思うようになるかもしれません。

夫にとって居心地のいい場所を作ることで、夫婦仲もよくなっていくことでしょう。

たまには2人の時間も作る

まだまだ子どもが小さいうちは、心に余裕を持てないこともありますよね。

でも、2人の気持ちがすれ違ってしまうことで、育児にも影響が出てしまいます。

たまには、息抜きもかねて、2人の時間を設けるようにしましょう。

また事前に、預ける先を確保しておくことが大切です。

頼みやすいなら、両親や義両親、兄弟姉妹などにも預けられるならお願いしてみましょう。

さらに、友達やママ友など預けられそうなら、お願いしてみるのもアリですね。

こまめに話し合いの場を設ける

「私が、我慢しておけばいいでしょう。」そんなふうに、我慢を重ねてしまうと結局は夫婦の溝が深まります。

夫の様子がおかしいと感じても、あなたが夫に不満を感じていても話さなければ、お互いの気持ちを知ることができません。

感情的にならずに相手の話に耳を傾け、本音を聞き出していきましょう。

夫が、あなたに本音を言えるようになれば、心を開き、信頼関係も深まります。

信頼関係が深まれば、セックスレスに陥る確率も格段に下がりますよね。

セックスをワンパターンにしない

セックスレスに陥る原因に、セックスがワンパターンであるということがあげられます。

とくに男性は、同じようなセックスを4〜5回ほど繰り返すと飽きてしまう様子です。

毎回違ったセックスを行うのではなく、たとえ回数が少なくても濃厚なセックスができれば、夫側が飽きるの減らせます。

濃厚なセックスとは、

  • 夫の気持ちいい所を攻める
  • エクスタシーを感じてみる
  • 気持ちいいところは素直に「気持ちいい」と言ってみる
  • お互いにどこがイキやすいのか?同時に試してみる
  • 大胆な体位でセックスしてみる
  • 下着を大胆なものにしてみる
  • 大きな鏡の前でセックスしてみる(お互いの姿が映ることで、興奮度MAXに)

など、意識してみるだけで、いつもと同じ場所のセックスでも、ワンパターンに感じさせないでしょう。

また、濃厚なセックスができるよう、デリケートゾーンのお手入れや、ムダ毛処理、体臭対策などは万全にしておきましょう。

自身のケアが、夫への思いやりに繋がり、またよりセックスを楽しむことができるはずです。

女を意識した行動を心がける

夫が疲れて帰ってきたときに、奥さんの笑顔や「おかえり」や「お疲れさま」などが、夫を労う言葉だったりします。

夕ご飯が美味しければ、それだけで家に早く帰ってくる夫もいます。

また、お出かけしないときでも、たまにはお化粧して髪の毛を可愛く整えているだけで、いつもと違った姿が新鮮に見えることでしょう。

「こんなことをしたら、夫が喜ぶだろうな…」と、想像しながら女性らしい行動を心がけ、夫との仲を深めていきましょう。

セックスしたい気持ちがあることを伝えてみる

セックスレスを解消する手っ取り早い方法は、あなたがセックスして、仲を深めたいことをきちんと伝えるべきでしょう。

セックスすることで、夫からの愛を感じることを伝えるべきです。

これまで、セックスレスに苦しんできたこと、寂しさを感じていること、それらをきちんと伝えることで、夫もあなたの本音を知ることができますよね。

恥ずかしい気持ちがあるかもしれませんが、まずはあなたが夫に心を開き、本音を話してみることが大切です。

そんなあなたの姿を見て、夫も心を開くようになるかもしれません。

まとめ

夫とのセックスレスは、時間の経過とともにストレスへと変わりやすくなります。

また、時間の経過とともに話し合うことを苦手に感じてしまいます。

そのため、早めの解決策を立てるのがおすすめです。

私自身、夫に本音をぶちまけたことで、夫から「意外だった」と返事が返ってきました。

そこから、夫とも打ち明けた感じになり、徐々にセックスレスも解消していきました。

過去の経験から言えることは、「夫婦の仲がよければ、自然とセックスレスも解消する」ということ。

一刻も早く、夫とのセックスレスが解消できるよう、今からできる行動を取り入れていきましょう。

おすすめの記事