一日に一通だけLINEが続く男性心理は?脈なしの可能性が高い!?
スポンサーリンク

「毎日LINEのやりとりをしているけど一日一通だけなんだよね…。早い返事が欲しいけど、これってもう脈なしなの…?」

気になる男性からの、返事が一日一通だけで続くと、男性はどう思っているんだろうか、不安にもなってきますよね。

逆に脈なしだったら、もう既読無視とか分かりやすい方法を取ってくれれば、こちらも諦めがつくこともありますし。

普段、女性同士では頻繁にやりとりするLINEだからこそ、気になる男性からのLINEが一日一通だけだと、余計に不安が大きくなると思います。

でも、まだ脈なし!と、諦めるのは早いかもしれません!

このページでは、一日一通のやりとりでは満足できなくて、アプローチするべきか迷っているあなたへ、一日に一通だけのLINEが続く場合の男性心理と、脈ありなのかについてご紹介します!

一日に一通だけLINEが続く男性心理は?

「毎日LINEのやりとりはしているけれど、一日一通しかやりとりしていない…。」

「彼との仲を進展させたいけど、一日一通しかやりとりしない関係でアプローチしても大丈夫なの?」

LINEという相手の顔が見えないやりとりだからこそ、不安はより一層大きくなりますよね。

そんな不安になっているあなたへ、まずは一日一通だけLINEが続く場合の男性心理についてご紹介します。

普段の彼とのやりとりを見比べてみて、彼がどのようなタイプに当てはまりそうか、ぜひ確認してみてください。

仕事が忙しくてLINEの返事に時間を使えてない

最近、彼が仕事でとても忙しいなんて事はないですか?

仕事が繁忙期で、朝早くから夜遅くまで働きづめの毎日のため、LINEの返事に時間を使えないなんてことがありそうです。

仕事が忙しくてクタクタになりながらも、毎日やっとの思いでLINEの返事をくれているのかもしれません。

女性なら『LINEのやりとりなんて、二分で終わるじゃん』と思うかもしれませんが、忙しい男性はLINEに時間を割く余裕が無いため、既読すらできてない可能性もあります。

でも、そんな忙しい中でも、毎日一通でもがんばってLINEをしてくれているかもしれません。

そう考えたら、一日一通だけのLINEでも返事をくれるだけでとても嬉しくなりませんか?

また忙しすぎても、ちゃんと時間の合間を縫って、返事をくれているならば、脈ありの可能性が高いです。

仕事が忙しくてもLINEをちゃんと送ってくれる彼は、あなたとのつながりを大切にしたいと考えてくれているからですね。

一日一通のLINEを送ることが男性の中でルーティン化している

彼は日頃から、自分の中で決まりごとの多い、真面目なタイプかもしれません。

もし真面目なタイプなら、毎日決まった時間にLINEをすると、彼の中でルーティン化されているのかもしれません。

LINE自体をルーティン化している男性なら、あなたのことがはっきり好きとまではいかなくても「なんとなくいいな」と好意をもっているかもしれません。

自分の1日のスケジュールの中に、あなたとのやりとりを組み込むことで、毎日ちゃんと繋がれる気持ちを持っているとも言えますからね。

さらに「毎日遅くまで残業お疲れ様。気をつけて帰ってね」や「雨降るらしいから傘忘れないようにね」などあなたのことを気遣ってくれる内容なら、脈ありの可能性が高いです。

一日一通が男性の中でルーティン化している場合は、一日二通にLINEを増やしてみたり電話をしてみたりと、少しだけ違う習慣も取り入れてみてください。

また、個人的には手書きの手紙もオススメなので、ぜひ以下の記事も参考にしてみてください。

参考:女性から手書きの手紙をもらう時の男性心理は? LINEより喜ばれるかも!

そこまでLINEのやり取りが好きじゃない可能性も

多くの男性は、LINEやメールをただの連絡手段と考えており、LINEで何か会話をすることが、苦手な場合が多いです。

LINEの既読がつくシステムが、メッセージを読んでいるのかどうか監視されているみたいで気が重いという男性もいるくらいです。

そのため「あまりLINEが好きじゃないけど1日1通くらいなら頑張れる」と思ってLINEを続けている場合があります。

先ほども話しましたが、あまりLINEが好きじゃないのにやりとりを続けてくれているのであれば、脈ありの可能性が高いです。

そして、男性がLINEのやり取りが苦手であれば、いっそのことやりとりを電話に変えてみたり、直接会ってお話しすることをおすすめします。

苦手意識のないやりとりなら、彼もよりあなたとの会話に集中できるはずです!

また女性はLINEのやり取りの回数を気にしますが、男性はやりとりの回数はあまり重要視していないので、1日1通でもそこまで気にする必要は無いでしょう。

スポンサーリンク

一日に一通だけLINEをやりとりする男性は脈あり?脈なし?

ここまで、一日に一通だけLINEが続く場合の男性心理をご紹介してきました。

彼の状況や性格から、一日一通だけLINEが続く場合でも、脈なしと決めつけるのは早かったと思います。

ここからはもう少し具体的に、脈ありと、脈なしのパターンをご紹介していきます。

もう一度、彼と自分の状況を思い返したり、ここから話すことを参考に、LINEの内容を見返してみてくださいね!

実はすでに、彼から好意サインがでているかもしれません。

いい感じだった後に一日一通になったら脈アリかも

彼とデートを重ねて関係が進展したなと思ったり、LINEのやりとりが続いて盛り上がったなと思った時に、LINEのやりとりが一日一通になったら脈アリかもしれません。

「盛り上がったあとなら、私のやりとりがつまらなくなったんじゃないの?」と思いますよね。

でも、男性は、あなたとの関係性が軌道に乗って安心感を持つと、返信回数が減ってくる傾向があります。

「男性は釣った魚に餌をやらない」なんて言葉を聞いた事は無いでしょうか?

女性からしてみたら寂しいことではありますが、少しくらい返事が遅くなっても、あなたは嫌いにならないと信頼されている証拠でもあります。

ただ、そのまま一日一通だけのLINEだけの関係になってしまうと、その後の進展が望めなくなります。

なので、できればデートをしたり、電話などで距離を縮めるような行動を起こしていきましょう。

好意がある状態なら、あとは行動あるのみです!

また以下の記事は、連絡が毎日続くけど、付き合ってない男性心理について解説しています。

合わせてこちらも読んでみてください。

参考:付き合ってないけど毎日連絡をとる男性心理は?連絡をくれるのは脈あり?

最初から一日に一通だけは脈なしの可能性大

LINEのやりとりを始めた当初から、一日一通だけのやりとりなら脈なしの可能性が高いです。

通常、仲良くなりたいと思っている女性と、LINEのやりとりをするのであれば、質問したり自分のことを知ってもらおうと会話を広げますよね。

ですので「元気?」などの短い文や、同じようなスタンプを送ってきて会話を広げようとしていないのであれば、脈なしの可能性が高そうです。

それでも毎日会話を広げる気のないLINEが届いているのであれば、都合の良い女性としてキープされているだけかもしれません。

また毎回LINEを送るのはこちらからで、それに対して返信するだけの男性も脈なしと考えてください。

返信するのは面倒だけど、無視すると余計に面倒なことになりそうなときは、面倒ごとを避けるため仕方なく返信している場合もあります。

たとえば会社の上司や部下の関係だったりすると、返信せざるをえないかもしれませんね。

ほかにはあなたから話を振らないと、LINEのやりとりが途切れそうな場合も脈なしといえます。

以下の記事でも、LINEが途切れることについて解説しているので、ぜひ読んでみてください。

参考:LINEが途切れたら脈なし?再開させるには私から送るべき?

スポンサーリンク

まとめ

あなたは彼ともっとLINEしたいかもしれないですが、その思いをぐっと我慢して彼の状況を理解してあげることも大切です。

またLINEのやりとりが一日一通だと、なかなか距離が縮まっている感じがしないかもしれませんが、LINEの内容によって脈ありの可能性も十分あります。

彼から質問が続いたり、プライベートな話を聞こうとしてきたり、彼氏がいるかどうかが聞かれてたら大きな脈ありサインですね。

LINEでもどんな内容かによって、脈アリかも変わってくるので、ここは意識してみてください。

また、男性の中にはLINEでは冷たいけど、会った時には優しい男性もいます。

これもLINEのやり取りが苦手な男性の特徴なのですが、この場合もLINEだけじゃなくて、しっかりと会った時の男性の態度を見ることが重要になります。

以下の記事では、そんなLINEと会った時の態度が違う男性心理についても話しているので、合わせて読んでみてください。

参考:LINEと会った時の態度が違う男性心理は?本当の彼はどっちなの!?

また、気になる男性が、もし脈なしの可能性が高そうなら、LINEのやり取りから少し離れてみてもいいかもしれません。

LINEではどうしても、顔を見ないやり取りになるので相手も無視しやすかったりなどもありますからね。

こんな時代でも、リアルに会うことは、大きく意味があると思っています。

では、ここまで読んでくれてありがとうございました。

スポンサーリンク
おすすめの記事